うつ病を発症しない為に事前チェックをしよう

  1. ホーム
  2. セロトニンを作る食材

セロトニンを作る食材

レディ

うつ病が発症する原因は「セロトニン不足」

うつ病の症状を知っていても、根本的な原因がわからなければ意味がありません。うつ病を発症してしまう原因さえわかっていれば、予防や対策に繋げられますので、しっかり理解しておく必要があります。まず、うつ病を発症してしまう原因として「セロトニン不足」が挙げられるのです。セロトニンは、神経を穏やかにする効果をもっていますので、身体が疲れると、このセロトニンの分泌が活性して、身体を休めるように働きかけてくれます。しかし、このセロトニンの分泌が少ないと、身体を休める働きができなくなりますので、余計に身体が疲れてしまうのです。そうならない為にも、セロトニンの分泌をよくする為に、生活習慣を心がける必要があります。しかし、生活習慣を整えるにも限りがありますので、難しいと言えるでしょう。ここでは、毎日の生活習慣が整えられない方でも、セロトニンの分泌を良くする方法を紹介していきます。それは、毎日の食事です。食事は、毎日欠かさず行いますので、毎日忙しい方でも取り入れやすいといえます。セロトニンの分泌を良くする食材をチェックしていきましょう。

セロトニンの分泌をサポートしてくれる食材をチェック。

セロトニンは、トリプトファンという材料を元に作られるので、ビタミンやミネラルのように元々あるものではありません。よって、セロトニンを作る為のトリプトファンをたくさん摂取する必要があるのです。トリプトファンは、専門医師から処方される薬で補うイメージがありますが、普段の食事からでも摂取する事ができます。トリプトファンをたくさん含んでいるのが、アミノ酸です。実は、アミノ酸はトリプトファンも含んでいますので、積極的に摂取すると良いでしょう。代表的な食材として、納豆、豆腐、みそ汁、豆乳、バナナ、卵、ゴマ、ナッツ、乳製品などが挙げられます。これらの食材には、トリプトファンを含んだアミノ酸がたくさんふくまれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。アミノ酸以外にも、うつ病に効果のある栄養素に、ビタミンB6・B3、ミネラルが挙げられます。ビタミンB6・B3とミネラルが不足してしまうと、うつ病を発症するリスクが高まるとされていますので、これらの栄養素も一緒に摂取するように心がけましょう。うつ病に負けない身体を作る為には、毎日の食事にも工夫が必要なのです。日頃から何を食べているのかチェックして、偏った食生活をしないように気をつけましょう。それだけでも、だいぶ効果があります。

自分自身の身体がうつ病に負けない身体なのかチェック。

うつ病を発症しないようにする為にも、生活習慣を細かくチェックしていく必要があります。毎日の生活習慣はもちろん、食生活も見直す必要があるのです。身体が不調だと、顔も疲れた表情になってしまいますし、前向きな気持ちも失ってしまいます。そういった事にならないようにする為にも、セロトニンの分泌を活発にして、うつ病に負けない身体作りを目指しましょう。うつ病に負けない身体を作るには、適度な運動も欠かせません。運動をする事で、よりセロトニンの分泌が良くなる場合があります。