うつ病を発症しない為に事前チェックをしよう

  1. ホーム
  2. うつ病に最も多い原因とは

うつ病に最も多い原因とは

悩む人

うつ病だと診断されたら最初に行うべきなのは「うつ度診断」

うつ病だと診断されたら、最初に「うつ病の診断」をおこないましょう。うつ病の度合いをチェックする事で、治療方法や完治するまでの期間などの目安がわかります。症状が悪化してしまう前に対策を行っておけば、症状を慢性化させてしまう心配もないのです。また、自分自身ではうつ病を発症していると思っていても、実際は一時的なもので、病気では無かったという場合もあります。「うつ病なのかもしれない」と思い込みだけでも、うつ病に近い症状を発症してしまう場合もありますので、それを取り除くだけでも、だいぶ気持ちが楽になっていくのです。一人で悩まずに、専門医によるうつ度診断を受けてチェックし、病気を発症しているのかを明確にする必要があります。うつ病診断を受けるには、専門医がいるクリニックに行く必要がありますが、どうしても人の目が気になって行きづらい事もあるでしょう。しかし、症状が慢性化して完治するまでに時間を掛けてしまうよりも、人の目を気にせずその場限りで診断を済ませて次のステップに進んで早く完治する方が良いです。周囲よりも、自分自身の身体を大切にしてあげて下さい。

うつ病を発症すると仕事は休むべきなのでしょうか。

うつ病を発症する主な原因は、「仕事上におけるストレス」が最も多いです。突然の部署異動、労働時間が長い、立場の昇格などいろいろあります。仕事上によるストレスが原因であれば、うつ病の症状を悪化させない為にも、仕事を一時的に休む必要があります。どれくらい休めば良いのかについては診察をしてくれた担当医師の判断によって異なりますので、医師の診断に沿って仕事を休むようにしましょう。仕事が関係するストレスであれば、仕事上のどういった内容が関係しているのかチェックする必要があります。その時は、自分の都合が良いように判断するのではなく、正直に判断して下さい。仕事上の立場や休んだ時の周囲の負担を心配せず、自分自身のストレスを極力減らして、うつ病を悪化させないようにする必要があります。昔の日本は、人とのかかわりを大切にするのが当たり前で、職場でも立場は関係なく豊かな環境で溢れていました。また、家族の関係も濃密だった事から、社会全体が豊かだったのかもしれません。しかし、現在の日本では核家族化や少子化が影響して、昔のような関係を大切にする事が少なくなってきました。その結果、仕事上でのストレスも増えてきていると考えられます。

うつ病の脱出方法は「自転車」が効果的

うつ病を発症している方であれば、少しでも早く脱出したいと考えているはずです。しかし、うつ病は、簡単に克服できないのも事実なので、経過を待つしかないと思われています。実は、「自転車」でうつ病の症状を克服できる事をご存知でしょうか。自転車に乗るのは決まって「天気が良い日」に限られてきますので、無意識に日光を浴びるようになります。日光を浴びる事で、身体の中にあるセロトニンに刺激を与えて、活発にする効果があるのです。また、日光を浴びる事でビタミンDを生成するパワーを与えてくれますので、うつ病を克服するには適しているといえます。少しでもうつ病から脱出したいと考えているのであれば、チェックしてみて下さい。